オゾン層の破壊が進む現代では、季節に関わらず紫外線対策が必要です。ただ日焼け止めは肌への負担が大きいので、日差しが弱い日や秋冬など紫外線量が減少する季節は手抜きをしてしまうという方も多いかもしれません。

 

ですが、日差しが弱くても量が少なくても、紫外線は常に降り注いでいるので注意しましょう。

 

肌への負担が心配だけど紫外線対策もしたい、そんな方におすすめなのが大正製薬トリニティーラインの薬用ホワイトニングUVミルクです。紫外線からしっかり肌を守りながらも、肌に優しい薬用ホワイトニングUVミルクは、口コミでどのような評価を得ているのでしょうか。

トリニティーラインの中でも特に口コミの評価が高い

それが特徴です。理由は、普通の日焼け止めとの使用感の違いです。

 

日焼け止めにはジェルタイプやスプレータイプなどがありますが、肌への密着性や効果の持続性が長いのはミルクタイプです。

 

ただしミルクタイプの日焼け止めはベタついたり匂いがきつかったり、白浮きするなど使用感が悪いものが多いです。またミルクタイプの場合だとベタつきがかゆみになったり、肌に刺激を与えてしまうこともあります。

 

確かに、薬用ホワイトニングUVミルクも、塗りはじめはベタつきや白塗り感があるようですしかし肌に馴染むと、まったく気にならないと言う口コミが多いので、ミルクの使用感が苦手という方でも快適に使えます。

 

馴染みが遅いという方でも、2種類のさらさらパウダーが配合されていますから、どんな肌質でもさらっとした質感を味わえます。

軽いつけ心地なのに紫外線カット効果の高さ

国内表示最高レベルの「SPF50+、SPF++++」という紫外線カット能力があります。

 

普通、つけ心地を軽くするには紫外線カット効果を低くするしかないので、こまめな塗り直しが必要になります。そのためうっかりすると塗り直しを忘れてしまい、結果的にうっかり日焼けやシミなどのトラブルが起こりやすいです。

 

薬用ホワイトニングUVミルクは、しわの原因となるUV-Aもシミの原因となるUV-Bも強力にカットできるので、うっかり日焼けの心配がありません。

 

実際のところ、長時間外にいてもうっかり日焼けをしなかった、頬やおでこなど日焼けをしやすい露出部分もひりひりしないなどの口コミが見られます。

セラミド配合も高評価ポイント

また美白有効成分や肌荒れを防ぐ有効成分、そしてセラミドが配合されているのも高評価の理由です。

 

普通の日焼け止めは、紫外線カットに特化した成分配合になっています。もちろん紫外線カットも大事ですが、それだけでは肌のうるおいを保持できませんし、日焼け止め成分のせいで肌も乾燥してしまいます。

 

こういった日焼け止めの問題点を、美容成分やセラミドなどで解決しているのも薬用ホワイトニングUVミルクの魅力です。

 

角層の保湿成分であるセラミドは、角質細胞の間で水分を蓄える働きをしているので、紫外線が肌から透過するのを防ぐ効果が期待できます。さらにローズマリーエキスやオリーブ葉エキス、コラーゲンなどうるおいにアプローチしてくれる8種類のスキンケア成分が配合されています。

 

これらの成分の働きのおかげで、日焼け止め特有のきしみやキメの乱れから肌を守れるのです。日焼け止めを使いながらうるおい保持までサポートできるという、一石二鳥の働きが得られるのも薬用ホワイトニングUVミルクの特徴です。

紫外線吸収剤は不使用

肌に負担をかけるで、紫外線吸収剤は不使用でノンケミカル処方というところも支持される理由の一つです。

 

一般的な日焼け止めに使われているのは紫外線吸収剤です。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収すると熱エネルギーに変換され、これを放出することで日焼けを防ぐというメカニズムです。

 

このメカニズム自体は優れているのですが、紫外線から熱エネルギーに変換されるときには肌に大きな負担をかけます。負担がかかれば肌はダメージを受けるので、紫外線吸収剤を使っている日焼け止めはトラブルを引き起こすリスクが高いのですね。

 

薬用ホワイトニングUVミルクでは、肌を傷める紫外線吸収剤は使用していません。その代わりに使っているのが紫外線散乱剤です。

 

紫外線散乱剤は、特殊な物質が紫外線を反射させることで肌への吸収を阻止するメカニズムです。鏡のように反射させるだけで熱が発生することはないので、肌がダメージを受けることはありません。

 

ですので、敏感肌や子供の肌でも安心して使えるというところが高評価につながっているのですね。

つまりは、幅広く使用可能なオールマイティな日焼け止め

日焼け止めは効果で選ぶ方もいれば、使用感や使いやすさで選ぶという方もいます。そのため口コミでの評価も、選ぶ基準によって良いものもあれば悪いものもあるのが普通です。

 

しかし薬用ホワイトニングUVミルクは、日焼け止め効果が高く、さらっとした使用感で子供でも使えるというオールマイティな日焼け止めです。

 

口コミの評価も良いものばかりなので、紫外線をしっかりカットしながら、肌への優しさにこだわりたいという方にはおすすめです。

薬用ホワイトニングUVミルクの実際の使用者の感想

実際に使っている方の口コミ投稿を見てみましょう!

肌にスーッと馴染むので使いやすい

紫外線からのダメージを守ることができるので、シミ・ソバカス・肌荒れを防ぐことができるので、毎日、手軽に利用することができるのは嬉しいです。

親子で利用することができるので、肌に優しい成分がたっぷり配合されているので、高い紫外線カット効果ができ、肌のとても負担がなく使用することができます。

 

紫外線吸収剤を一切使っていないので、肌にとても優しい成分だとわかりました。紫外線散乱剤のみを採用したノンケミカル処方で、子供も一緒に使用できるのは嬉しいです。

さらさらパウダーが配合されているので、白浮きせずスーッとなじんで肌に優しいので、とても気持ち良く過ごすことができます。化粧下地として使用できるし幅広く利用できます。

 十分過ぎる紫外線カット能力!

高い紫外線カットができる薬用ホワイトニングUVミルクは、肌の奥まで浸透するので紫外線対策が素早くできるのは嬉しいです。

日差しが強い時期に、スーッと馴染み、使いやすいので気に入っています。塗った後にヒリヒリすることなく、肌に馴染みやすいので、とても使いやすくて気持ち良いです。ノンケミカル処方で肌に優しい日焼け止めなので、安心して利用できるし、敏感肌なので成分など安心できるものは、とても嬉しいです。

 

納得できる使用感なので、使い心地も良く快適な仕上がりになるので、素肌に馴染み使いやすいので嬉しいです。ちょっと外出する際にも簡単に塗れて、さーっと馴染むので心地よく利用しています。肌にべたつき感がないので嬉しいです。

白浮きしないので使いやすい

白浮きしないので、薬用ホワイトニング UVミルクは塗った後もべとつき感がなく馴染むので、利用するのが楽しくなります。肌に馴染み、サラサラしているので心地よく感じます。素肌感がかなりしっとりしているので、嬉しいですし肌にマッチするので、とても楽しくなります。

付けた後のきしみ感がないので、肌にサーッと馴染み、すっきりするのも嬉しいです。何かと肌に優しいので、負担なく利用でき、つっぱり感もないので、心地よく感じます。素肌にとって負担なく、白浮きせずに利用できるのは楽しいですし、なかなか満足できるので愛用しています。

 

ローズマリーエキスも配合され、天然由来成分は嬉しいです。肌も綺麗に見せてくれるので化粧下地として利用できます。

お肌に優しいのか気になる日焼け止め

トリニティライン薬用ホワイトニングUVについて、デメリットだと感じたのはクレンジングしなければ落とすことができないという点です。

ウォータープルーフなので仕方が無いのですが、個人的には洗顔石鹸できれいに落とせるほうが肌への負担を考えた時に良いのかなと感じます。

クレンジングで落として洗顔をしても落とし切れていない感じがあるので、肌荒れしてしまうこともあり、しっかり紫外線カットできても肌荒れしてしまっては意味がないなと感じています。

肌荒れしないで日焼け止め効果がしっかりとあるものを使いたいと思いました。
カバー力に関しては、可もなく不可もなくという感じですが、毛穴を完全にカバーすることはできませんでした。これだけでツルスベの陶器肌とはなれないです。

肌の透明感はアップします

くすみのある肌をトーンアップしてくれる効果が感じられます。
美白成分も配合されていますので、紫外線カットだけでなくダメージを受けた肌の
修復にも役立ってくれそうな日焼け止めという点は良いと思います。

日焼け止めを塗ると、お肌が乾燥してカピカピになってしまいますが、薬用ホワイトニングUVの場合は、肌荒れを防ぐ成分も配合されていて、肌に潤いをしっかりと与えてくれます。艶と潤いのあるお肌に仕上げてくれるUVクリームです。

時間がたってもお肌が乾燥することがありませんでした。
日焼け止めは白くなってしまうものが多い中、白浮きもしないでするっと伸ばすことができるので使い心地もとても良い日焼け止めです。子供でも使える安心の処方となっていますが、クレンジングしないと落とせないので子供に使うのはどうかなという感じがあります。

使いやすいけどこれじゃなくても良いかな

良く振ってから使わないと分離してしまいます。良く振って出すと、とろっとしたローションとミルクの中間みたいな感じの液体が出てきます。

するっと伸ばせるので肌の上で白浮きしませんし、べたつきもありません。顔に塗ってるという感じが無いので、本当に使いやすいです。ただしこれだけでメイク完了というわけにはいかないので、重ねてパウダーなど使って仕上げる必要があります。

 

ノーメイクで過ごせる日はこれだけでもOKで、塗り直しだけこまめにしたいところです。日焼け止めだけであってもクレンジングが必要というのは、やはりちょっと面倒かなと思うところがあります。

お値段もそんなに安いものではないので、他の日焼け止めでも同じような効果を期待できるものはあるかなというのが正直なところです。

高い「カバーする力」

薬用ホワイトニング UVミルクはノンケミカルなのにとても高い日焼け防止効果がある日焼け止めです。肌にも優しくできているので、普段から化粧をする時の下地としてつかっています。

朝、一回つけておけば一日中、化粧崩れもおこさないのでとても気に入っています。日焼け止め独特の香りもそんなに強くないので使いやすいです。ノンケミカルなので夏に海やプールに行く時には、かなり乾燥肌な息子にもたっぷり塗っていますが、全く問題なく使うことができます。

ただ、白浮きはしないという人が多いのですが、私は結構気になりました。塗った瞬間は「大丈夫かな?」と少し不安になりましたが、ファンデーションを塗ってしまいえば目立たないので満足しています。

→大正製薬の技術力の結集「ジェルクリーム」もお見逃しなく